THE CLUBTHE CLUB

GINZA SIX 6F, 6-10-1 Ginza Chuo-ku, Tokyo, Japan.

Jackie Saccoccio, Place (Blue Speed), 2018

Photo by Jun Koike
Photo by Jun Koike
Photo by Jun Koike
Photo by Jun Koike
Photo by Jun Koike
Photo by Jun Koike

Current Exhibition

ジャッキー・サコッチオ 堪えがたいほどの光 Jackie Saccoccio Unbearable Lightness

Sep 8, 2018 - Nov 10, 2018

この度、THE CLUBは、ジャッキー・サコッチオのアジア初となる個展「Unbearable Lightness-堪えがたいほどの光」を開催いたします。
現在ニューヨークとコネチカットを拠点として活動する彼女の作品は、メトロポリタン美術館やダラス美術館をはじめとする世界各国の美術館に収蔵されています。

サコッチオは、絵の具を滴らせた二つの巨大なキャンバスを、引きずり、刷り合わせることにより、キャンバス上に偶発的な網目模様を生み出します。これは不確かな自然のさまや、人間の心理をあらわしているかのようであります。さらにサコッチオは、そこに人工的なピクセル状の上塗りを重ねます。サコッチオの作品において、キャンバスは描かれるものであると同時に、描くものでもあるのです。また、キャンバスによって生み出されるきわめて自然的な網目模様と、人工的なピクセル状の上塗りは、まるで互いに反発しあうかのように、絵画と鑑賞者の間の緊張感を生み出します。

J.M.W. ターナーの難破船の比喩、ジャン・デュビュッフェの生の筆致、白髪一雄をはじめとする具体のパフォーマンスペインティング、そしてヘレン・フランケンサーラーの荘厳さに影響を受け、サコッチオは自然と規律の関係性をよりいっそう鮮やかに描きだします。

本展覧会では、その身体的で激しい技法とは裏腹に、いくつもの絵の具の層が織り成す、光り輝く11点の新作と、2点の版画をご紹介いたします。

展示作家

ジャッキー・サコッチオ (1963-)
1963年生まれ、ニューヨーク在住。スクール・オブ・ザ・アート・インスティテュート・オブ・シカゴ及びロードアイランド・スクール・オブ・デザイン修了。アメリカン・アカデミー・ローマでのローマ賞、グッゲンハイム奨学金、フルブライト奨学金、シヴィテラ・ラニエリ・フェローシップなど多数の受賞歴を持つ。過去にクローチェ現代美術館、ナーマン現代美術館で個展開催。シカゴ現代美術館、ジャクソンヴィル現代美術館、アディソン・ミュージアム・オブ・アメリカン・アート、RISD美術館、ローズ・アート・ミュージアムでのグループ展に参加。また主な収蔵先美術館にはメトロポリタン美術館やダラス美術館、サーチギャラリー、シカゴ現代美術館などがある。

Press Release

プレスに関するお問い合わせ先 afumi inc. 齋藤/上野/大野 yoshie.ueno@afumi.co.jp