THE CLUBTHE CLUB

GINZA SIX 6F, 6-10-1 Ginza Chuo-ku, Tokyo, Japan.

Naoya Inose, Polylith into the blue, 2018

Photo by Jun Koike
Photo by Jun Koike
Photo by Jun Koike
Photo by Jun Koike
Photo by Jun Koike
Photo by Jun Koike
Photo by Jun Koike
Photo by Jun Koike
Photo by Jun Koike

Current Exhibition

猪瀬直哉 Blue Naoya Inose Blue

Dec 1, 2018 - Jan 31, 2019

この度、THE CLUBは、猪瀬直哉の初個展「Blue」を開催いたします。

“基本的には自分の身の周りに起こる問題や様々な社会問題、環境問題を題材に絵画を描いている。絵画は言語を超えた存在であり、視覚情報により瞬時に全世界の人々と情報を共有できるツールである。“

猪瀬直哉は、自然界とそこにおける人間の強欲な在りかた、それによって生み出される不調和な関係性を探求しています。細部まで精巧な風景と、抽象的な世界を、油絵の技術によってキャンバスに描き出します。彼の作品は私たちがどのように自然と向き合っているのかを問い、またポストモダニズムにおける絵画の役割、そしてそれがどのように変化しているかについて考察します。ロマン派における風景絵画や、マーク・ロスコやバーネット・ニューマンらの抽象絵画の色面構成に影響を受け、風景のダイナミズムをキャンバスに落とし込んでいます。
現在ロンドンを拠点とする猪瀬の作品は、過去に20th DOMANI・明日展に選出され、国立新美術館や高松市美術館での展示歴があります。

本展覧会では猪瀬の原点とも言える「ブルー」をテーマに、新作と旧作を回顧展形式で展示いたします。緻密に描かれた初期の作品と、絵画的様式 (ペインタリー) に挑戦する最新作に至るまで、猪瀬は、絵画の持つあらゆる可能性を追求しています。視覚的にブルーに溶け込む、大気、空や、海に飛び込んでいく感覚という意味もあれば、メランコリックな要素もある、猪瀬直哉が描き出す青が持つ様々な表情をお楽しみください。


展示作家

猪瀬 直哉 (1988-) 1988年、神奈川県生まれ。2012年に東京藝術大学絵画科油画専攻を卒業し、文化庁新進芸術家海外研修員としてへ渡英。その後2017年にロンドン芸術大学チェルシーカレッジオブアートMA Fine Artsを修了し、現在ロンドンを拠点に活動。20th DOMANI・明日展に出展し、国立新美術館や高松市美術館で展示。作品収蔵先には高橋コレクションやベネトンコレクションがあります。

Press Release

プレスに関するお問い合わせ先 afumi inc. 齋藤/上野/大野 yoshie.ueno@afumi.co.jp