Claudia Peña Salinas, Tlaloque East, 2018, 61 × 61 × 61 cm

Photo by Kei Okano
Photo by Kei Okano
Photo by Kei Okano

Current Exhibition

クラウディア・ペニャ ・サリナス Atlpan Claudia Peña Salinas Atlpan

September 7, 2019 - November 8 2019

この度、THE CLUBはメキシコ生まれの女性アーティスト、クラウディア・ペニャ・サリナスの個展「Atlpan」を開催いたします。

ニューヨークを拠点に活動する彼女の作品は、ホイットニー美術館にも収蔵されています。ぺニャ・サリナスは、本展の為に、長野で約一ヶ月の滞在製作を行い、メキシコの自然や神話をモチーフにした作品と、日本からインスピレーションを受けた作品を発表します。アジア初個展となる本展は、メディアスカルプチャーをはじめとした、インスタレーションやビデオを組み合わせた作品で構成され、見る者を詩的な空間に誘います。

―私の制作活動は、研究と、旅と、集めるという行為に導かれています。個人的な物語の蓄積と、私の興味を刺激する美学や歴史の問題についての研究を通じて、私の作品は過去と現在を、そして、風土的なものと神聖なものを凝縮した、一種の旅行記のようなものとして展開します。―クラウディア・ペニャ・サリナス

展示のタイトル「Atlpan」は、ナワトル語※で水を意味する「atl」と、何かの中にあることや何かに接していることを意味する接頭語「pan」を組み合わせたものです。天上から吊るされ空間を仕切る、日本の障子を思わせる作品や、メキシコの神話を紡ぐ言葉をテーマにした映像作品をご紹介します。
※ナワトル語:北米やメキシコのいわゆるインディアンによって最も広く話されていた言語。


展示作家

クラウディア・ペニャ・サリナス(1975―) 1975年メキシコに生まれ、ニューヨークのブルックリンを拠点に活動する。ペニャ・サリナスは1998年にシカゴ美術館附属美術大学で学士(美術)を取得し、2009年にニューヨークのハンター・カレッジで修士(美術)を取得している。彼女の作品はこれまで、アリゾナ州のアリゾナ州立大学美術館、ニューヨークのホイットニー美術館、クイーンズミュージアム、エル・ムセオ・デル・デバオ、ミシガンのイーライ・アンド・エディス・ブロード美術館、メキシコのエル・ムセオ・アルテ・デ・プエルト・リコとムセオ・デ・アルテ・カリリョ・ジルで展示されている。レジデンス活動と受賞歴には、アリゾナ州立大学美術館、ローワー・マンハッタン・シティ・カウンシル、ニューヨークのプロセス・スペース、メキシコのSOMAレジデンシーなどがある。ジェイコブ・K・ジャヴィッツ・フェローシップ授与者。

Press Release

プレスに関するお問い合わせ先 篠原 info@theclub.tokyo