Kour Pour, Guardian Spirit, 109.22 x 71.12 cm, 2020

Current Exhibition

山下紘加 コスモスは思い出した Hiroka Yamashita Cosmos Remembered

March 27, 2021 - May 6, 2021

この度、THE CLUBは、岡山を拠点に活動する山下紘加の個展、「コスモスは思い出した」を開催いたします。

18歳で単身アメリカに渡り、現地の学校を卒業後、NYを拠点に活動。 2019年に帰国し、今回待望の個展開催となります。日常に垣間見える景色や感情をすくい上げ、西洋画と日本画の技術を織り交ぜながらキャンバスに描き出された作品をご紹介します。

「私たち人間は、気の遠くなるほど長い時間をかけて進化と多様性を繰り返してきた生命体の一部です。生きものとしての自由で自然な姿、愛や生活のシーンを描いていくことは、命に優劣をつけたり、人を”リソース”として語る現代に対する私のプロテストです。

今回の作品は、10年ぶりに日本に居を構え、四季をひとまわりしてこの土地で見た景色から思い起こされたことを描きました。 これまでより空間の奥行きが強調されたもの、色や空間の重なりが増えたとおもいます。風景と同化するような人物や、視界の移り変わりを描くことによって、 自分と外部、過去と未来、離れた空間同士が、交わっている瞬間が感じられます。(抜粋)」-山下紘加



これまで感染症対策のため完全予約制で運営をして参りましたが、
緊急事態宣言の解除等に伴い、4月3日より一部予約制に変更させて頂きます。

< 火曜日 ~ 金曜日 >
12:00 – 16:00 予約制
16:00 – 19:00 一般公開

< 土曜日 >
12:00 – 19:00 一般公開

※なお一般公開の際には、混雑時に人数制限をさせていただく場合がございます。
ご予約をご希望の方は、前日18:00までに下記のURLからご予約ください。

https://airrsv.net/theclub/calendar

展示作家

山下紘加(1991年-) 2017年にニューヨークのSchool of Visual Arts を卒業後、2019年にニュージャージー州立大の芸術学校Mason Gross School of the ArtsのMFAを取得。現在は岡山を拠点に活動。自然と人とのつながりや日常のシーンにある命の営みを通して、生命が共有している記憶や性質を現すイメージの構築に取り組む。西洋画の系譜に日本画の特徴的な画面構成を織り交ぜつつ、新たな絵画空間が生むストーリーや観賞者との場所的関係性に挑戦し、日本的な Ephemerality(儚さ) の表現を追求している。