Current Exhibition

近藤正勝 Element Masakatsu Kondo Element

September 4, 2021 - October 9, 2021

この度、THE CLUBは近藤正勝の個展「Element/エレメント」を開催いたします。

近藤は1993年にロンドンのスレード美術学校を卒業以来、ロンドンを拠点に活動。Victoria Miroギャラリーでのピーター・ドイグやクリス・オフィリらとのグループ展参加や、国内では東京オペラシティアートギャラリーでのグループ展での展示歴を持ちます。本展では、新作を含むキャンバス作品をご紹介します。

「私の絵画制作は主に自然界をアーティフィシャルに解釈する作業です。宇宙また自然、幾億年の時の記憶に眠るものは、数学を示し、化学を示し,哲学を示し、美術を示します。我々にとっての自然は第一義的な環境であり,思考の基礎を成す絶対的な対象として存在しています。

今回の作品はランドスケープを媒体として、そこに光を投影するように描こうと思いました。光を分子レベルに分解する、例えば川の水面を光(分子)レベルに抽象化されたスペクトルとして描くことができます。それは科学的でありながら同時に抽象的な解釈となります。またそれは私が子供の頃に自然の中で体験した原始的記憶と接続しています。そして日々蓄積されてゆく経験、溢れるインフォメーションなどが言語化されて抽象化され、再び絵画という物質として表出します。

現代社会では、コンピュータの進化/AIやインターネットなどが新たな環境として人の生活を急変させています。それは価値のあるグローバルな文化をも形勢すると同時に、その代償として多くの社会的な問題も抱え込むことになっているのではないでしょうか?だからこそ我々の原点を示す基礎的なエレメントである自然の中に大切なものを探し行きたいと思うのです。」-近藤正勝

弊廊では大切なお客様の安全を考慮し、みなさまに安心して作品をご鑑賞頂けるよう、スタッフは手洗消毒、マスク着用、体調管理を徹底して、みなさまのご来廊をお待ちしております。

尚、現在は平日の12:00-16:00と土曜日を予約制、平日16時以降を一般公開、日曜と月曜を休廊日とさせていただいております。
来廊をご希望の方は、一日前の18:00までにこちらよりご予約ください。

近藤 正勝(1962年-)
愛知県生まれ。現在はロンドンを拠点に活動。1993年にロンドン大学スレードスクールオブファインアート卒業。デイヴィッドリズリーギャラリーでの「植物学」展などの個展をはじめ、グループ展ではヴィクトリアミロギャラリーでの「絶滅展 アナイアレーション」展や、東京オペラシティアートギャラリーでの「プライム・記憶された色と形」展などがある。主な収蔵先に群馬県立館林美術館やZabludowicz Collectionがある。

Hidden Land (Pink & Blue Reflection)

2020

Hidden Land (Pink & Green Reflection)

2021

Hidden Land (Yellow & Purple Reflection)

2021

Hidden Land (Horizontal branch in Yellow)

2021

Mountain Valley (spectrum)

2016

Valley (spectrum)s

2021

Memory Lane

2016

Hidden (Dark)

2020